Megumu Takasaki

Biography

Megumu Takasaki /
高崎恵

Born 1980 in Nagasaki, Japan
Based in Oita and Tokyo, Japan

Solo Exhibition

2009
Invisible Wave of Darkness, Space6, Yokohama, Japan

Selected Group Exhibitions

2020
New Cosmos of Photography, Tokyo, Japan
2011
reGeneration 2, Aperture Foundation, New York, USA
2010
reGeneration 2, Galleria Carla Sozzani, Milan, Italy
2010
reGeneration 2, Les Rencontres d'Arles, France
2010
reGeneration 2, Musee de l'Elysee, Lausanne, Switzerland
curator: William A.Ewing, Nathalie Herschodorfer
2009
If Six was Nine, Up Field Gallery, Tokyo, Japan

Art Fairs

2011-2013
the AIPAD Photography show, New York, USA
2011-2013
Tokyo Photo, Tokyo, Japan
2011
Art Fair Tokyo, Tokyo, Japan

Public Collections

Musee de l’Elysee
Michaelis School of Fine Art

Award

2020
New Cosmos of Photography (selected: Noi Sawaragi)
2010
reGeneration2 tomorrow's photographers today,
Musee de l'Elysee, Lausanne, Switzerland

Publications

2010
reGeneration 2 : Tomorrow's Photographers Today, Thames & Hudson
2006
Waking Dream, Sinpusha

Lecture

2011- 2013
Tokyo College of Photography, Yokohama, Japan

Education

2010
Tokyo College of Photography, Yokohama, Japan
2003
Aoyama Gakuin University, Tokyo, Japan

高崎恵(タカサキメグム) | 写真家

1980年、異文化の影響が色濃く残る長崎市に生まれる。
その土地でクリスチャンの両親のもとに育ち、高校卒業後に上京。
大学在学中に死期の迫った人と関わる事で、過ぎゆく時の流れを強く意識し、それに一瞬でも抗うかのように撮影を開始する。
2001年に制作した"0"を境に、日本古来の自然崇拝に関心を抱くようになる。
2008年、写真評論家の谷口雅氏と出会い、当時彼が校長を務める東京綜合写真専門学校に入学。写真への見識を深める。
2009年、スイスにあるエリゼ美術館主催の企画展”reGneneration2”(将来を担う写真家たち)に、国内から唯一選出される。
その巡回展が、アルル国際写真フェスティバル、Aperture Foundation等、世界11ヵ国19都市で開催。
2011年〜2013年には母校の写真学校で講師を務めながら、the AIPAD photography show New York、Tokyo Photo等のアートフェアに出品。
2016年、作品取り扱いギャラリーであるPicture Photo Space代表、相野正人氏が他界。発表の場を失くす。
2019年、終の住処を求め、神仏習合の発祥の地である大分県国東半島へ移住。フォトグラファーとして仕事を行いながら、作品制作を継続している。
2020年、美術評論家の椹木野衣氏に選出され、キヤノン写真新世紀受賞。今秋東京都写真美術館にて展示予定。
現在、作品はエリゼ美術館等に収蔵されている。

TOP